関西国際空港、第2ターミナル国際線ゾーンが新たにオープン

kixt2int.png

関西国際空港は2017年1月28日に、建設中だった第2ターミナル国際線ゾーンをオープンします。

これまで使用していた第2ターミナルは国内線専用になり、国際線はこの新たなゾーンに移動です。

kixt2int2.png

新たにオープンする国際線ゾーンには、物販店、飲食店、観光案内所、ATM、外貨自動両替機、海外旅行保険自動引受機なども設置されます。

kixt2int3.png kixt2int4.png

物販店においては日本初となるウォークスルー型の免税店舗を導入。

中央にメイン通路が配置され、買い物がしやすいデザインとなっています。

販売品は、化粧品、菓子、電化製品、ドラッグストア、時計など。

飲食店は「和」と「関西らしさ」をコンセプトとしたカフェとレストランがオープンです。

kixt2int5.gif kixt2int6.gif

この国際線ゾーンオープンに伴い、第1ターミナルとの無料連絡バスやリムジンバスの乗り場も変更に。

リムジンバスにおいては乗り入れ路線が増え、より多くの場所からアクセスが可能になります。

関西国際空港の第2ターミナルはこれまでピーチのみが使用していましたが、2017年3月1日からは春秋航空の国際線も第1ターミナルからこちらへ移動となります。利用される方は注意してください。

LCCの就航増加もあって関西国際空港の利用者数は年々増えています。

今回のターミナル拡張で第2ターミナルを利用するLCCはさらに増えると思いますので、今後ますます伸びそうですね。

<<スポンサーリンク>>









シェアボタン