成田国際空港、内窓効果を体験できるハウスをオープン

nrtbouon.png

成田国際空港は2017年3月1日から、内窓効果を体験できるハウスをオープンします。

このハウスでは内窓を設置した場合の防音効果を体験することができます。

成田国際空港は今後更なる機能強化を予定していることから、地域住民の方との話し合いを行っています。

今回は重要な課題の一つである航空機の騒音問題に対し、内窓の設置による防音効果を体験できる施設を設置しました。

■ハウスの仕様

木造平屋建て(洋室12畳+和室8畳)約40㎡

外窓:防音アルミサッシ(遮音量25dB 外窓のみ)

内窓:樹脂製サッシ(遮音量35~40dB 外窓+内窓)

ガラス厚:5mm

場所:航空科学博物館敷地内 共生・共栄会議事務所横

住所:芝山町岩山111-3

体験には2日前までに電話で予約が必要です。

受付時間は平日9時~17時。

体験時間は原則として10時~16時(土日可)

※夜間の体験可

飛行機の騒音は空港の近くに住んでいる方にとっては特に重要な問題ですね。

この内窓仕様の方法で日常生活に支障が出ないぐらいまで軽減できるといいのですが、その効果が気になります。

<<スポンサーリンク>>









シェアボタン