タイガーエア台湾、2018年10月28日搭乗分より発券手数料や座席指定、預け手荷物などの各種料金を値上げ


タイガーエア台湾は2018年10月28日搭乗分より、発券手数料や座席指定、預け手荷物などの各種料金を値上げします。

主な値上げ料金は、
航空券購入時にかかる発券手数料が700円から900円に、
座席指定料金は600円〜が800円〜に、
預け手荷物料金は15kg2,500円〜が3,000円〜に、
幼児(2歳未満)運賃は1,500円から1,800円になります。

また、新たに搭乗ゲートでの超過分預け手荷物料金を設定です。
搭乗ゲートで機内持ち込み手荷物が規定サイズを超えていることが分かった場合、手荷物は預けることになりますが、この場合の手数料を新たに設定し、料金は手荷物1個につき3,900円です。

その他の変更点として、受託手荷物の最大重量はこれまでの80kgから40kgに。
超過受託手荷物料金は1kgあたり2,300円から2,000へ値下げです。
桃園国際空港か高雄国際空港で乗り継ぎする便を同時購入した場合に利用できるtigerconnect乗り継ぎサービスの料金は無料になります。
tigerconnect乗り継ぎサービスは、出発地で預けた手荷物が直接目的地までスルーバゲージされ、乗り継ぎカウンターですぐ次のフライトの搭乗券を受け取ることができるサービスです。

<<スポンサーリンク>>









           

シェアボタン