国内6空港、2020年7月27日よりアプリで「携帯品・別送品申告書」を申告できる税関検査場電子申告ゲートを導入


国内6空港は2020年7月27日より、アプリで「携帯品・別送品申告書」を申告できる税関検査場電子申告ゲートを導入しました。

6空港は、成田国際空港(第1、第2、第3ターミナル)、羽田空港(第3ターミナル)、関西国際空港(第1ターミナル北ウイング、第2ターミナル)、中部国際空港第1ターミナル(第1ターミナル)、福岡空港、新千歳空港です。

税関検査場電子申告ゲートを利用すると、「携帯品・別送品申告書」の書面申告書は不要で、電子的に提出することができます。
税関申告アプリをスマートフォンやタブレットにダウンロードして、案内に従って入力すると「携帯品・別送品申告書」の情報が含まれたQRコードを作成することができます。

税関検査場電子申告ゲートは、増加し続ける入国旅客の円滑な入国と待ち時間の短縮、税関検査場の混雑の緩和を図るために導入されます。
また、電子申告ゲートは人・人接触を軽減するものであり、国際航空機関は新型コロナウイルス感染症対策の一つとして、電子申告を推奨しています。

[via=税関]

-スポンサーリンク-




           

シェアボタン