定期航空協会、新型コロナウイルス感染拡大防止のためマスク等の着用をお願い

定期航空協会は2020年9月18日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため空港や飛行機内ではマスク等を着用するよう要請しています。

新型コロナウイルス感染症をはじめとした感染症の拡大防止のため、利用者同士の不安の解消のため、空港・飛行機内において、マスクなど鼻と口を覆うものを着用するようにお願いしています。

お願い内容
・他の利用者に不安や迷惑をおよぼすおそれがあるため、空港内、航空機内では飲食時を除き、常時マスク等の着用をお願いします。
※乳幼児を含む小さな子供は除く

・着用が難しい理由がある場合は、事前に地上係員や客室乗務員へ申し出てください。
※飛行機の利用に際し、健康状態の確認をする場合があります
※マスクの着用が難しい場合には、ハンカチ・バンダナ・スカーフ・フェイスシールド・マウスシールド等の着用も可とします

・地上係員や客室乗務員から指示があった場合は、必ずマスク等の着用をお願いします。
※マスク等の着用が難しい理由を係員と確認済みの場合は除く
※業務の遂行を妨げ、またはその指示に従わない等の場合には、搭乗を断る場合があります

以上の内容に同意しない場合は、飛行機への搭乗を断る場合があるとしています。

[via=定期航空協会]

-スポンサーリンク-




           

シェアボタン