日本航空、国際線中長距離LCCエアライン『ZIPAIR(ジップエア)』を設立し、2020年春から始動

日本航空は国際線中長距離LCCエアライン『ZIPAIR(ジップエア)』を設立し、2020年春から始動します。

『ZIPAIR』の名称は、「フライトの体感時間が短い」エアラインであることを表現し、“ZIP CODE”(郵便番号)が持っている「さまざまな場所に行ける」というイメージや、デジタルファイルフォーマットの“.zip”のイメージを盛り込み、「至る所に日本人らしい創意工夫をつめて、計算し尽くされた移動体験を目指す」という想いを込めています。

また、社名は世界でも有数のカルチャー発信都市でもある「東京」を冠して『ZIPAIR Tokyo』としています。

 


運航に使用される機材はボーイングの最新型機材である787-8型機。
こちらは中型のジェット旅客機です。

 


すでに制服のデザインも決定しており、こちらはファッションブランド『TARO HORIUCHI』や『th』を手がけるファッションデザイナー・堀内太郎氏に依頼。

その日の業務内容・天候・気分や体調などに合わせて「着まわし」ができるようになっており、シューズにはスニーカーを採用することで動きやすさと疲労感の軽減を意識しています。

就航予定路線は、2020年サマースケジュールから東京(成田)⇔バンコク(スワンナプーム)線、東京(成田)⇔ソウル(仁川)線に就航予定。
就航当初は787-8型機2機にて運航します。

 

計画されていた日本航空の国際線中長距離LCCが、ついに設立されました。
就航路線はこれまでLCCが就航していない日本⇔欧米路線が期待されていましたが、すでに多くのLCCが就航している2路線なのは少し残念ですね。
(成田⇔バンコク線に就航しているLCCが利用しているのはドンムアン空港の方ですが)

使用機材である787-8型機は日本から欧米まで飛べる性能がありますので、今後の就航路線に期待したいところです。
『ZIPAIR』はフルサービスキャリアとLCCの間の、サービスクオリティとコストのバランスを取ったエアラインを目指すとしており、こちらも楽しみです。
2020年はさらにLCCが盛り上がりそうですね。

[via=ZIPAIR]

<<スポンサーリンク>>




           

シェアボタン