春秋航空、2018年10月28日から日本国内線の機内持込許容量を増加


春秋航空は2018年10月28日から、日本国内線の機内持込許容量を増やします。
これまで日本国内線の機内持込許容量は5kgでしたが、2kg増加して7kgとなります。

 


大きさはこれまでと変わらず、幅56cm×高さ36cm×奥行23cm以内で、3辺の合計が115cm以内です。

預け手荷物サービス付き運賃の総量には変更はありません。
スプリングプラス運賃では機内持込7kg以内+受託手荷物の合計で25kg以内、スプリング運賃では機内持込7kg以内+受託手荷の合計で15kg以内です。

今回の変更では、一番安い運賃である「ラッキースプリング運賃」を利用する場合において、より便利になりますね。
多くのLCCでは機内持込許容量が7kg以内なので、春秋航空もこれに合わせた形となります。

ただし、国際線の機内持込許容量は従来どおりの5kg以内となっています。

<<スポンサーリンク>>









           

シェアボタン