福岡空港、2020年3月29日より国内線においても施設利用料を徴収


福岡空港は2020年3月29日より、国内線でも施設利用料を徴収します。
施設利用料は空港施設を整備するための費用等に充当されるもので、飛行機を利用する方が負担します。

福岡空港ではこれまで国際線では徴収していましたが、国内線では徴収していませんでした。
今回の利用料は国内線の搭乗待合室、コンコース等の施設を整備するために使われます。

国内線施設利用料金は、大人(満12歳以上)110円、小人(満3歳以上12歳未満)50円。
こちらは出発時・到着時の両方で徴収されます。
※3歳未満であっても小人用航空券を使用する場合は小人料金が適用されます。

利用料は航空券を購入する際に、航空運賃とは別に加算されます。
なお、2020年2月29日以前に航空券を購入した方は適用対象外です。

その他の空港の施設利用料はこちらで書いています。

[via=福岡空港]

-スポンサーリンク-




           

シェアボタン