羽田空港が2020年3月29日からオープンする第2ターミナル国際線施設の概要


羽田空港は国際線の増便と旅客の増加にあわせ、第2ターミナルを増設し、2020年3月29日から国際線に対応します。

第2ターミナルは従来国内線専用であったターミナルに新たに国際線出発・到着フロアや免税店等を設置し、国際線ターミナル(第3ターミナル)の拡張と共に国際線の増便に対応します。

 


第2ターミナル国際線エリアでは、自動手荷物預け機の導入などストレスフリーでスムーズな新しい搭乗手続き「FAST TRAVEL」を推進し、訪日外国人をはじめとする旅客の増加に対応。
ユニバーサルデザインを追求した利便性・快適性・機能性に優れた施設を拡充します。

鉄道系交通アクセスと旅客ターミナルの接続階となる地下1階にはチェックインおよび自動手荷物預けカウンターを設置し、「レールサイド チェックインサービス」を開始します。
国際線に搭乗する方がターミナルに到着後すぐに重たい手荷物から解放され、ターミナル内での移動を快適に、出国前の時間をより有意義に過ごすことができます。

これに加え、顔認証技術を活用した新しい搭乗手続き「OneID」を2020年上期内に実証実験を予定しており、さらなる「FAST TRAVEL」を推進します。
その他にもファーストクラスや航空機の利用の多い方向けの専用搭乗手続き施設を設けます。

 

第2ターミナルの国際線施設部分は、第3ターミナルと同様に24時間運用となります。
国際線の出発フロアはターミナル南側の3階、到着フロアをターミナル南側の2階に構成し、国内線出発ロビーと同一階でつながることで、国内線乗継も便利になります。

 

第2ターミナル商業施設
・蔦屋書店
・スターバックス
・ファミリーマート
・三本珈琲店
・PIER ISHIYA CAFÉ
・又こい家
・Hitoshinaya
・銀座木屋
・むぎとオリーブ
・歓迎
・SCHMATZ
・BOOKS&DRUGS
・和蔵場
など。

オープンにあわせて、2020年3月14日に国際線ターミナルや公共交通機関の駅名等が変更されます。
これまでの国際線ターミナルは第3ターミナルに名称を変更。
公共交通機関の名称変更は以下のとおりです。

・羽田空港国際線駐車場→P5
・東京モノレール 羽田空港第1ビル駅→羽田空港第1ターミナル駅
・東京モノレール 羽田空港第2ビル駅→羽田空港第2ターミナル駅
・東京モノレール 羽田空港国際線ビル駅→羽田空港第3ターミナル駅
・京急電鉄 羽田空港国内線ターミナル駅→羽田空港第1・第2ターミナル駅
・京急電鉄 羽田空港国際線ターミナル駅→羽田空港第3ターミナル駅

・変更後の名称

羽田空港は、LCCではピーチ、春秋航空、エアアジア、香港エクスプレス航空、タイガーエア台湾、ベトジェットエアが就航しています。

[via=羽田空港]

-スポンサーリンク-




           

シェアボタン