SPRING(春秋航空)の使用機材と座席表

SPRING(春秋航空)の使用機材と座席表です。

SPRINGは機材に、アメリカボーイング社のB737-800型機と欧州エアバス社のA320-200型機を使用しています。
どちらも近・中距離向けの商業旅客機で、日本国内線と成田発着国際線はB737-800型機、その他の国際線はA320-200型機になります。

使用機材
・B737-800型機

 

・A320-200型機

 

座席表と座席指定料金
・日本国内線と成田発着国際線

syunzyub787seat1.png
日本国内線と成田発着国際線の座席数は189席。

席の種類は、コンフォートシート、レッグシート、スタンダードシートの3種類です。
コンフォートシートは最前列で足元が一番広い座席。
レッグシートは2・3・16・17列目でゆったりとした座席。
スタンダードシートはその他の通常の座席。

【日本国内線座席指定料金】

座席指定料はそれぞれ席によって料金が異なります。

日本国内線の座席指定料金は、コンフォートシートが1,200円〜、レッグシートが900円〜、スタンダードシートが500円〜。
空港で申し込むと高くなるので注意して下さい。
なお、座席指定をしない場合は料金はかかりません。

【成田発着の国際線座席指定料金】

成田発着国際線の座席指定料金は、コンフォートシートが2,000円〜、レッグシートが1,200円〜、スタンダードシートが600円〜。
空港で申し込むと高くなるので注意して下さい。
なお、座席指定をしない場合は料金はかかりません。

 

・成田発着以外の国際線


成田発着以外の国際線の座席数は180席。

席の種類は、VIPシート、スペシャルシート、ポピュラーシート、ファミリーシートの4種類です。
VIPシートは1〜2列目で足元が一番広い座席。
スペシャルシートは12~13列目でその次に足元が広い座席。
ポピュラーシートは3〜11列目で機内前方の座席。
ファミリーシートは14〜30列目で機内後方の座席。

成田発着以外の国際線の座席指定料金
座席指定料はそれぞれ席によって料金が異なり、600円〜2,200円です。
なお、座席指定をしない場合は料金はかかりません。

※2020年3月更新

-スポンサーリンク-




           

シェアボタン