NokScoot(ノックスクート)、2020年6月26日に会社の清算を決議


NokScoot(ノックスクート)は2020年6月26日、取締役会が会社の清算を決議しました。
14日後に開催される総会にて同様の決議が行われます。

ノックスクートは2014年に、スクートとノックエアによって設立されたLCC。
設立以来、ネットワークの成長の難しさや非常に激しい競争環境のもとで経営を続けてきましたが、新型コロナウイルスが状況をさらに悪化させ、その結果、会社の回復と持続的な成長への道筋が見えなくなったとしています。

現在までに425名の従業員が解雇され、少人数の従業員チームによって清算プロセスを進めているそうです。

ノックスクートは2018年6月に成田⇔バンコク線で日本に初就航し、その後、大阪線と札幌線にも就航しました。
親会社であるスクートと重なっていた路線もありますが、ノックスクートの方を利用していた方も多かったのではないでしょうか。

今後は債権者が申し立てを行うための管理人が任命された後、さらなる情報が提供されます。

[via=ノックスクート]

-スポンサーリンク-




           

シェアボタン