Peach(ピーチ)、初号機のエアバスA320を2019年5月3日をもって退役に


Peach(ピーチ)は初号機であるエアバスA320(登録番号: JA801P)を、2019年5月3日をもって退役にしました。

この機体はピーチの初号機として2011年11月に受領し、就航初日である2012年3月1日にピーチの初便として大阪⇔札幌線を運航しました。

初就航からこれまでの間で、約207万人の方を国内・アジア各国へ運び、総飛行時間は20,700時間超。
総飛行距離は約1,300万キロメートルで、地球約325周分に相当です。
総飛行回数は13,883回でした。

日本にLCCが就航して約7年と少し。
一番最初に飛んだ機体がもう退役するほど時間が経ったんですね。

ピーチ現在は25機のエアバスA320を保有し、今後はA320を改良したエアバスA320neoやA321LRを導入予定です。
また、2019年10月に統合するバニラエアの機材もピーチの機材となり、2020年度以降は保有機材50機体制を目指すとしています。

[via=ピーチ]

-スポンサーリンク-




           

シェアボタン