Peach(ピーチ)、2020年度から導入予定のエアバスA320neoを追加発注


Peach(ピーチ)は2020年度から導入する予定のエアバスA320neoを、18機追加発注しました。
追加分は2021年度以降に受領する予定です。

ピーチではすでにA320neoを8機発注しており、初号機は2020年度中に受領する計画です。

A320neoは、現在ピーチが使用しているエアバスA320ceoの燃費向上バージョン。
現在のものより座席数が8席増え、燃費は15%向上し、騒音は半分になっています。

なお、ピーチはさらに航続距離が伸びる「A321LR」も発注しています。
「A321LR」の航続距離は最大7,400㎞で、日本からアジア全域をカバーできます。
こちらも2020年度中に受領予定です。

<<スポンサーリンク>>




           

シェアボタン