Peach(ピーチ)、2020年10月25日より新しい機材の使用を開始


Peach(ピーチ)は2020年10月25日より、新しい機材の使用を開始します。
はじめに新しい機材が導入される路線は、大阪(関西)⇔札幌(新千歳)線、札幌(新千歳)⇔仙台線、仙台⇔大阪(関西)線です。

新たな機材は「A320neo」で、これまで使用していた機材「A320ceo」と同型ながらも約20%燃費が向上し、座席数は8席多い188席に。
座席数は増えましたが、足元のスペースはこれまでと変わりません。

 


シートは2019年から導入している、背もたれが15度倒れた状態で固定された「プレリクライニングシート」を引き続き採用します。

 


座席表示は見やすいように表示を大きく立体的にし、色あいも工夫されています。

今回の新型機の導入でピーチの保有機材数は32機になりました。
新型機は今後、札幌(新千歳)・仙台⇔沖縄(那覇)線、大阪(関西)・東京(羽田/成田)⇔台北(桃園)線でも使用される予定です。

[via=ピーチ]

-スポンサーリンク-




           

シェアボタン