ZIPAIR(ジップエア)、機内販売品を利用者自身のスマートフォンなどで注文できるセルフオーダーシステムを導入


ZIPAIR(ジップエア)は、機内販売品を利用者自身のスマートフォンなどで注文できるセルフオーダーシステムを導入します。

機内のWi-Fiを使い、利用者自身のスマートフォンやタブレット端末から軽食をはじめとした機内販売品を注文できるセルフオーダーシステムを、LCCで初導入です。

このセルフオーダーシステムによって、端末上で商品ラインアップや在庫状況の確認、注文、決済までの一連の手続きが完結。
席に座ったまま、オンラインショッピングのように軽食や機内販売品を購入できます。
購入した商品は客室乗務員が席まで届けます。

ZIPAIR機内では完全キャッシュレス決済も導入し、「コンタクトレス」の機内サービスを提供。
コンタクト回数を減らすことで、「ニューノーマル」時代にも利用者に安心して航空機を利用してもらえるとしています。

ZIPAIRは新型コロナウイルスの影響により就航が遅れていますが、2020年10月の運航開始を目指しています。

[via=ZIPAIR]

-スポンサーリンク-




           

シェアボタン