バニラエア×JR北海道、「JRフリーパス」を販売  2017年4月

vanillajrhokkaido.jpg

バニラエアとJR北海道はタイアップし、2017年4月29日からバニラエアに搭乗した方限定で「JRフリーパス」を販売します。
販売されるのは「バニラエアきた北海道フリーパス」と「バニラエアひがし北海道フリーパス」の2種類です。

■「バニラエアきた北海道フリーパス」

vanillaairkitajr2.gif

バニラエアきた北海道フリーパスは、新千歳空港、札幌、小樽、富良野、美瑛、旭川、稚内など道北エリアが対象で、JRの特急・普通列車(快速含む)の普通車自由席が自由に乗り降りできます。

発売場所は新千歳空港駅みどりの窓口。

バニラエアの搭乗券(新千歳空港到着便)を呈示すると購入できます。

販売は搭乗当日のみで前売りはありません。

発売期間:2017年4月29日~9月30日

利用期間:2017年4月29日~10月3日

有効期間:4日間

価格:大人12,500円、子ども6,250円

■「バニラエアひがし北海道フリーパス」

vanillaairhigashijr2.gif

バニラエアひがし北海道フリーパスは、新千歳空港、札幌、小樽、富良野、美瑛、旭川、網走、知床、釧路、帯広など道東エリアが対象で、JRの特急・普通列車(快速含む)の普通車自由席が自由に乗り降りできます。

発売場所は新千歳空港駅みどりの窓口。

バニラエアの搭乗券(新千歳空港到着便)を呈示すると購入できます。

販売は搭乗当日のみで前売りはありません。

発売期間:2017年4月29日~9月30日

利用期間:2017年4月29日~10月4日

有効期間:5日間

価格:大人15,500円、子ども7,750円

これまで「ひがし北海道フリーパス」は販売されたことがありましたが、「きた北海道フリーパス」は初めてです。

どちらも中心部は利用できるので、稚内方面に行きたい方は「きた北海道フリーパス」、知床方面に行きたい方は「ひがし北海道フリーパス」ですね。

<<スポンサーリンク>>









シェアボタン