エアアジア・ジャパン、新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年10月25日〜12月5日の期間国内線を全便運休


エアアジア・ジャパンは新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年10月25日〜12月5日の期間、国内全路線を全便運休します。

運休対象路線
名古屋(中部国際空港)⇔北海道(新千歳空港)
名古屋(中部国際空港)⇔宮城(仙台空港)
名古屋(中部国際空港)⇔福岡(福岡空港)

運休便の対象となった方にはメール等にて案内をしています。

エアアジア・ジャパンは2020年12月5日をもって事業を廃止するため、このまま全路線撤退となります。
事業廃止の理由は、新型コロナウイルスの影響により経営が困難になったためとしています。

[via=エアアジア]

-スポンサーリンク-




           

シェアボタン