AirAsia(エアアジア)、2020年9月1日より一部の国および都市でカウンターチェックイン料金を導入


AirAsia(エアアジア)は非接触型チェックインキオスクと拡張モバイルアプリ機能の導入が完了したことにより、2020年9月1日から一部の国および都市でカウンターチェックイン料金を導入しています。

カウンターチェックイン料金が導入された国および都市は、台北、高雄、マレーシア、ベトナム、カンボジア、ラオス、ブルネイ、ホノルルです。
日本は対象外となっています。

上記の空港カウンターを使用して、国内線および国際線のチェックインをすると、国内線は1人あたりRM20(約510円)、国際線は1人あたりRM30(約770円)が徴収されます。

ただし、以下の場合は免除となります。
・身体の不自由な方
・プレミアムフレックス運賃の方
・プレミアムフラットベッド運賃の方
・フライトの混乱または空港のキオスク停止の影響を受けた方

[via=エアアジア]

-スポンサーリンク-




           

シェアボタン