Jin Air(ジンエアー)の使用機材と座席表

Jin Air(ジンエアー)の使用機材と座席表です。

ジンエアーは機材にアメリカボーイング社の777-200ER型機と737-800型機を使っています。
777-200ER型機は中・長距離向けのジェット旅客機、737-800型機は近距離向けの小型ジェット旅客機です。

B777-200ER型機

 

B737-800型機

 

座席表/シートマップ
B777-200ER型機
 
777-200ER型機の座席数は355席で、全てエコノミークラスです。
ビジネスクラスはありません。

座席の種類は、
足元が広く、早い受託手荷物返却サービスが利用できる「JINI PLUS」、
足元が広い1列目の座席「JINI STRETCH」、
足元が広い非常口座席「JINI EXIT」、
前列ZONEの一般座席「JINI FRONT」、
後列ZONEの一般座席「JINI STANDARD」
の5種類があります。

 

B737-800型機
 

737-800型機の座席数は189席で、全てエコノミークラスです。
ビジネスクラスはありません。

座席の種類は、
足元が広い1列目の座席「JINI STRETCH」、
足元が広い非常口座席「JINI EXIT」、
足元が広くてリクライニングが出来ない非常口座席「JINI EXIT Seat (No Recline)」、
前列ZONEの一般座席「JINI FRONT」、
後列ZONEの一般座席「JINI STANDARD」
の5種類があります。

 

■座席指定料金

日本⇔韓国線の座席指定料金は、ネットで申し込むと「JINI PLUS」が2,000円、「JINI STRETCH」「JINI EXIT」が1,400円、「JINI FRONT」「JINI EXIT Seat (No Recline)」が1,000円、「JINI STANDARD」が200円です。

オフライン(お客さまサービスセンターや空港)で申し込むと割高になります。

※2018年8月更新

<<スポンサーリンク>>









           

シェアボタン