Scoot(スクート)の使用機材と座席表

Scoot(スクート)の使用機材と座席表です。

Scootは機材にアメリカボーイング社のB787型機と欧州エアバス社のA320を使っています。
B787型機は中・長距離向け、A320型機は近・中距離向けの商業旅客機です。

使用機材
・B787型機

 

座席表/シートマップ
・B787-8型機

 

・B787-9型機

 

・A320型機

[via=SEATGURU]
 

スクートが使用しているB787型機には、座席数と配置が違うB787-8型機とB787-9型機があります。

B787-8型機の座席数は335席で、エコノミークラスが314席、
ビジネスクラスにあたるScootBiz(スクートビズ)が21席。

B787-9型機の座席数は375席で、エコノミークラスが340席、
ビジネスクラスにあたるScootBiz(スクートビズ)が35席。

A320型機の座席数は180席で、すべてエコノミークラスとなっています。

 

座席の種類
・B787型機

B787型機のエコノミークラスの座席は主に3-3-3配列。
後方の一部は2-3-2配列です。


ビジネスクラスのスクートビズは2-3-2配列。


スクートビズの座席はゆったりとしており、電源なども完備しています。


B787型機のスタンダードシートは12歳未満の子供が入れないサイレントゾーンもあります。

 

・A320型機

A320型機はすべて3-3配列です。

エコノミークラスの座席タイプは、通常のスタンダードシート、少し広いスーパーシート、さらに広いストレッチシートの3種類があります。

・スタンダードシート
scootstandard.jpg

・スーパーシート
scootsuper-1.jpg

・ストレッチシート
scootstretch.jpg

 

■座席指定料金

ビジネスクラスにあたるスクートビズには航空券に座席指定料金が含まれています。

エコノミークラスの座席指定料金は路線によって異なります。
スタンダードシート(通常のゾーン)560円〜、スタンダードシート(サイレントゾーン)960円〜、前方席800円〜、スーパーシート595円〜、ストレッチシート945円〜です。

なお、座席指定をしない場合は料金はかかりません。

※2018年3月更新

<<スポンサーリンク>>









シェアボタン