Scoot(スクート)の各種料金

Scoot(スクート)の各種料金です。

■運賃タイプ

スクートの運賃タイプはエコノミークラス(Fly・FlyBag・FlyBagEat)と、ビジネスクラスのScootBiz(スクートビズ)があります。

エコノミークラスは、通常の「Fly」、20㎏までの手荷物を預けられる「FlyBag」、20㎏までの手荷物に機内食サービスをつけた「FlyBagEat」の3種類。

ビジネスクラスの「ScootBiz(スクートビズ)」は足元の広い座席で、20kgまでの預け手荷物、機内食などのサービスが無料で受けられます。

 

■各種手数料

スクートではキャンセルや払い戻しは不可となっており、変更などの手数料はフライト時間によって異なります。

東京⇔台湾線・大阪⇔台湾線は短距離フライト、
札幌⇔台湾線・大阪⇔タイ線は中距離フライト、
東京⇔タイ線・東京/大阪⇔シンガポール線・札幌⇔シンガポール線・大阪⇔ハワイ線は長距離フライトです。

航空券を購入する際には支払手数料を徴収しており、クレジットカード/コンビニ/ペイジーで支払った場合の手数料は片道800円。
コールセンターで予約した場合の手数料は片道2,400円です。

 

■機内持ち込み手荷物
エコノミークラスは重さが7kgまでの手荷物1つと3kgまでのノートパソコン1つを無料で機内へ持ち込めます。

ビジネスクラスのScootBiz(スクートビズ)の場合、手荷物2つを無料で機内へ持ち込めます。
ただし、手荷物の重さは2つ合わせて15kgまでとなっています。

どちらのクラスでも、持ち込める手荷物のサイズは54cm×38cm×23cm(3辺の合計が115cm以内)です。

 

■受託手荷物料金及び手荷物超過料金

スクートの受託手荷物料金及び手荷物超過料金は、フライト時間の長さや予約方法によって異なります。

東京⇔台湾線・大阪⇔台湾線は20kg 2,200円〜、25kg 3,000円〜など。
札幌⇔台湾線は20kg 2,400円〜、25kg 3,200円〜など。
大阪⇔タイ線は20kg 3,000円〜、25kg 4,000円〜など。
東京⇔タイ線、東京/大阪⇔シンガポール線、大阪⇔ハワイ線は20kg 3,400円〜、25kg 4,200円〜など。
札幌⇔シンガポール線は20kg 4,200円〜、25kg 5,600円〜などです。

航空券と一緒に申し込まなかった場合、事前に予約しても上記料金に800円が加算されます。

予約なしで当日空港で申し込んだ場合は、20kg 4,000円〜。
事前に予約した重量を超える荷物を預ける場合や、事前予約なしで20kgを超える荷物を預ける場合は1kgごとに超過料金1,600円がかかります。

「FlyBag」「FlyBagEat」運賃の場合は20kgまで、「ScootBiz」運賃の場合は30kgまでの預け手荷物料金が含まれています。

 

■座席指定料金

スクートのエコノミークラスには、スタンダードシート前方席スーパーシートストレッチシートの4種類の座席タイプがあります。

スタンダードシートは通常の席、
前方席は機内前方の席、
スーパーシートは足元が広い席、
ストレッチシートはさらに足元が広い最前列の席です。
ボーイング787機材では12歳未満の子供が入れないサイレントゾーンも設けられます。

日本路線の座席指定料金はフライト時間によって異なり、スタンダードシート(通常のゾーン)400円〜、スタンダードシート(サイレントゾーン)900円〜、前方席700円〜、スーパーシート1,200円〜、ストレッチシート2,000円〜です。

なお、座席指定をしない場合は料金はかかりません。
ScootBiz(スクートビズ)の座席指定料は無料です。

 

■機内Wi-Fi利用料金

機内Wi-Fiの利用料金は、20MBプラン 4.99USドル〜、80MBプラン 14.99USドル〜、200MBプラン 29.99USドル〜の3種類があります。

※2019年4月更新

<<スポンサーリンク>>




           

シェアボタン