Cebu Pacific Air(セブパシフィック航空)、新型コロナウィルスへの対応として、変更・トラベルファンドへの引き換え対象期間を2020年6月30日まで延長


Cebu Pacific Air(セブパシフィック航空)は新型コロナウィルス拡大に伴い、航空券を手数料無料で変更・トラベルファンドへの引き換えができる対象期間を2020年6月30日まで延長しました。

セブパシフィック航空は現在全便運休中で、現状では4月15日以降運航を再開する予定ですが、利用者が安心して利用できるよう今回追加措置を実施です。

2020年4月15日〜6月30日までの航空券をお持ちの方は、手数料無料で再予約(航空券の変更)またはトラベルファンドへの引き換えが可能です。

「トラベルファンド」への引き換えは、航空券のキャンセルをすると、支払った金額と同等のファンドへ引き換えられるサービスです。
トラベルファンドは後日航空券を予約する際に利用できます。
利用期間はキャンセル後180日以内となり、12か月以内の航空券に使用することが可能です。

[via=セブパシフィック航空]

-スポンサーリンク-




           

シェアボタン