AirAsia(エアアジア)の使用機材と座席表

AirAsia(エアアジア)の使用機材と座席表です。

エアアジアは機材に欧州エアバス社のA320型機とA330型機を使っています。
A320型機は近・中距離向け商業旅客機、A330型機は中・長距離向け商業旅客機です。

日本国内線はA320、日本⇔マレーシア・タイ・ハワイ・バリ路線はA330を使用します。

 

使用機材
・A320型機

 

・A330型機

 

座席表/シートマップ
・A320型機

エアアジアのA320型機の座席数は180席で、スタンダードシートホットシートの2種類の座席タイプがあります。

スタンダードシートは通常の座席、ホットシートは優先搭乗が可能で1、12、14列目では足元のスペースが広くなっている座席です。

座席指定料金は路線によって異なりますが、名古屋⇔札幌線では以下のとおりです。

スタンダードシートは400円〜、ホットシートは600円〜です。
空港カウンターや航空券購入後に座席指定をすると高くなってしまいますので、航空券の予約と同時に申し込むのがいいですね。
なお、座席指定をしない場合は料金はかかりません。

 

・A330型機



エアアジアのA330型機には2つの座席配列タイプ(A / I)があり、どちらもエコノミークラスのスタンダードシートホットシート、それにビジネスクラスの3種類の座席タイプがあります。

スタンダードシートは通常の座席。
ホットシートは足元のスペースが広い座席。
ビジネスクラスはフルフラットベッドになる広々とした座席。

Aタイプのプレミアムシートの後ろ、7列目から14列目まではクワイエットゾーンとなり、乳幼児、12歳以下の子供は利用出来ない静かな空間となっています。

A330の座席指定料金は路線によって異なりますが、日本との国際線では以下のとおりです。

スタンダードシートは1,749円〜、ツインシートは1,899円〜、クワイエットゾーン標準席は2,999円〜、ホットシートは5,899円〜、クワイエットゾーンホットシートは6,899円〜です。

国内線と同様、空港カウンターや航空券購入後に座席指定をすると高くなってしまいますので、航空券の予約と同時に申し込むのがいいですね。
なお、座席指定をしない場合は料金はかかりません。

フルフラットベッド(ビジネスクラス)

 

ビジネスクラスの設備は、ユニバーサル電源コンセント、読書ライト、折り畳み式テーブル、調整可能なヘッドレストとフットレストです。

※2018年7月更新

<<スポンサーリンク>>









シェアボタン