AirAsia(エアアジア)の各種料金

AirAsia(エアアジア)の各種料金です。

■運賃タイプ

AirAsia(エアアジア)の運賃タイプは、大きく分けるとエコノミークラスの「通常運賃」、ビジネスクラスの「プレミアムフラットベッド」の2種類です。
日本国内線はエコノミークラスの「通常運賃」のみです。

「通常運賃」ではオプションとして、受託手荷物・機内食1回・座席指定(スタンダードシートのみ)などが付いた「バリューパック」、受託手荷物・機内食・座席指定・フライト日時変更・優先チェックインなどが付いた「プレミアムフレックス」があります。

ビジネスクラスの「プレミアムフラットベッド」の座席はフラットになるシートで、サービスはプレミアムフレックスをさらにグレードアップした内容になっています。

・運賃規定
フライト日時の変更は「プレミアムフレックス」と「プレミアムフラットベッド」は無料で可能、それ以外は有料で可能です。

搭乗者の変更、到着地の変更、フライトキャンセルによる払い戻しは、いずれの運賃タイプでもできません。
ただし、エアアジア側によるフライトキャンセルや大幅な遅延、悪天候による欠航や大幅な遅延では自社便への振替か払い戻しが行われます。
こちらは路線によって規定が異なります。

 

■支払手数料
・国内線

・国際線

エアアジアには航空券以外で必ずかかるものとして支払手数料があります。
手数料は支払い方法によって異なり、ネットで予約してクレジットカードで払うと国内線では1人1区間400円、国際線は800円です。

電話や空港カウンターで予約した場合はさらに1,000円かかります。
この他に、路線によっては空港の施設使用料がかかります。
※空港施設使用料は空港側が徴収している代金です

 

■機内持ち込み手荷物

エアアジアはキャビンバッグ1個と、ハンドバッグなどの小さなバッグ1個、合計2個を無料で機内へ持ち込めます。

持ち込み可能な手荷物のサイズは、
キャビンバッグが各辺56cm×36cm×23cm以内、
小さなバッグが各辺40cm×30cm×10cm以内です。

重さは2個の合計が7kg以下のもの。
これを超えてしまうサイズの手荷物は機内へ持ち込めませんので、有料で預けることになります。

 

■受託手荷物

「通常運賃」でオプションを付けない場合、預け手荷物は有料となります。
預ける事が出来る手荷物のサイズは、1個あたりの重さが32kgまでで、サイズが各辺81cm×119cm×119cm以内もしくは3辺の和が319cm以内のものです。

・受託手荷物料金と超過手荷物料金
【国内線】

【国際線】
預け手荷物料金は上記の通りです。
国内線ではネットで航空券と同時に申し込むと、15kg 1,200円、20kg 1,400円、25kg 1,900円など。
国際線ではネットで航空券と同時に申し込むと、20kg 4,400円、25kg 5,500円、30kg 6,600円など。
航空券の予約後に申し込んだり、空港カウンターで申し込むと割高になってしまうので注意してください。

申し込んだ重さを超えてしまった荷物を預ける場合は、超過手荷物料金がかかります。
超過料金は、国内線では1kgあたり1,400円、国際線では1kgあたり2,200円です。

手荷物のサイズオーバーなどで搭乗ゲートで預けることになった場合、ゲート手荷物料金として国内線では3,000円、国際線では10,000円が加算されます。

車椅子やベビーカーなどの歩行補助器具は無料で預けられます。

 

■スポーツ用品の受託手荷物

ゴルフ用品、サーフボード、ダイビング用品、自転車、スキー/スノーボード用品を預ける場合はスポーツ用品手数料がかかります。
料金は受託手荷物料金表に書いてある通りで、通常の預け手荷物料よりも割高になります。
料金は事前に予約しておいた方がお得です。

サイズの制限は1個あたりの重さが32kgまでで、サーフボードは長さが277cmを超えないものに限られます。

 

■座席指定料金
座席指定料金は、日本国内線では400円〜、国際線では1,749円〜となっています。
詳しくはこちらで書いています。

※2018年7月更新

<<スポンサーリンク>>









           

シェアボタン