Jetstar(ジェットスター)の使用機材と座席表

Jetstar(ジェットスター)の使用機材と座席表です。

ジェットスターは機材に欧州エアバス社のA320型機とA321型機、アメリカボーイング社のB787型機を使っています。
A320とA321型機は近・中距離向けの商業旅客機、B787型機は中・長距離向けの商業旅客機です。

日本国内線・バンコク線・台北線・マニラ線はA320型機、オーストラリア線はB787型機となります。

使用機材
・A320型機

jetstara320.png

 

・A321型機

JetStarA321.jpg
jetstara321.png

 

・B787-8型機

jetstarb787.png

 

座席表/シートマップ
・A320型機

ジェットスターのA320型機の座席数は177席と180席で、
スタンダードシート、アップフロントシート、エクストラレッグルームシートの3種類の座席タイプがあります。
※国内線は180席

スタンダードシートは通常の座席。
アップフロントシートは左最前列を除く5列目までの前方の座席。
エクストラレッグルームシートは左最前列及び12列、13列で、シートピッチ(座席の前後間隔)がスタンダードシートより20センチ広くなっている座席。

それぞれの座席指定料金は路線や時期によって異なりますが、
国内線はスタンダードシートが480円〜、アップフロントシートが680円〜、エクストラレッグルームシートが990円〜となっています。
※座席指定をしない場合は料金はかかりません。

 

・A321型機


ジェットスターのA321型機の座席数は220席で、
スタンダードシート、アップフロントシート、エクストラレッグルームシートの3種類の座席タイプがあります。

それぞれの座席料金は路線によって異なります。
※座席指定をしない場合は料金はかかりません。

 

・B787-8型機

ジェットスターのB787-8型機の座席数は335席で、
エコノミークラスが314席、ビジネスクラスが21席となっています。
機内前方3列目までがビジネスクラスです。

それぞれの座席料金は路線によって異なります。
※座席指定をしない場合は料金はかかりません。

※2018年1月更新

<<スポンサーリンク>>









シェアボタン