AirAsia(エアアジア)マレーシア/クアラルンプール→札幌線搭乗記

2017年末、マレーシアのクアラルンプールから札幌の新千歳空港まで、エアアジアを利用して移動しました。その時の搭乗記です。

 


クアラルンプール出発時刻は23時半。深夜ですね。
エアアジアのクアラルンプール国際空港の利用ターミナルは、LCC専用ターミナルであるKLIA2です。

フライトが疲れそうだったので早めに空港に行ってエアアジアの有料ラウンジで休憩した後、出発1時間前に搭乗口に行くもすぐに搭乗開始でした。
このあたりは運航スケジュールを何としても死守したいという意気込みを感じます。

 


早めの搭乗にもかかわらず出発は定刻通りに。
LCCは荷物を機内に持ち込む人が多いので、搭乗はどうしても時間がかかりますね。

なお、この日は荷物のサイズや重さチェックなどはありませんでした。

 


この路線の機材はA330で、中型のジェット旅客機です。
シート配列は多くが3-3-3、ビジネスクラスは2-2-2、機内が狭くなる後方は2-3-2となっています。

 


今回は一番後方の窓側2列配列の席が取れました。

 


最後尾なので気兼ねなく席を倒せます。
2人席はツインシートと呼ばれ、座席指定料金は約1,200円でした。

新千歳発のクアラルンプール線では1,900円で、一番安い席の指定料金とは150円ぐらいしか変わりません。
座席指定をしない場合はもちろんこの料金はかかりません。

 


さようならクアラルンプール。

 


今回のフライトは深夜発朝着なので、機内食は頼まずビールだけ注文。
約400円。

 


機内食が配られ、少しすると消灯となります。
一番後ろの席は開放感はあるのですが、すぐ後ろがトイレで流す時の音がかなりうるさいです(笑)

 


夜が明けました。

 


エアアジアのシートピッチは約78cmで大手航空会社とほぼ同じなのですが、長時間の移動はやはり疲れますね。
座席の座り心地はスカイマークのシートに似ており、薄いシートながらも意外と座り心地は良いです。

 


定刻通りに新千歳空港に到着。
飛行時間は約7時間半でした。

今回かかった料金は、運賃はセールで片道約10,800円。
これに座席指定料約1,200円+支払手数料約300円を足すと、総額は約12,300円でした。
※当時のレートで計算

エアアジアの国際線の印象としては、以前の成田→バンコク線に乗った時と同じで、大きい機材で快適でした。空調もそこまで寒くはありません(羽織ものは必要)。
そして、やはりこの便の何人かのCAさんも香水の匂いがきつく、、そこはちょこっと残念でした。

全体的に見ればコストパフォーマンスは素晴らしいと思います。

<<スポンサーリンク>>









           

シェアボタン