NokScoot(ノックスクート)の使用機材と座席表

NokScoot(ノックスクート)の使用機材と座席表です。

ノックスクートは機材にアメリカボーイング社のB777-200ER型機を使っています。
こちらは中距離向けの商業旅客機です。

使用機材
・B777-200ER型機

NokScootb777spec_201805041148033e5.png
 

座席表/シートマップ

ノックスクートが使用しているB777-200ER型機の座席数は415席で、エコノミークラスが391席、ビジネスクラスにあたるScootBiz(スクートビズ)が24席となっています。

機内前方ビジネスクラスの座席配列は2-4-2、エコノミークラスは主に3-4-3で、後方の一部は2-4-2です。

 

・エコノミークラスの座席
エコノミークラスは、通常(足元スペース78.7センチ)のスタンダードシート、少し広い(足元スペース90センチ)スーパーシート、さらに広い(足元スペース91.4センチ)ストレッチシートの3種類の座席タイプがあります。

さらにエリアも通常のエリアとサイレンスエリアに分かれており、サイレンスエリアは11歳以下の子供が利用できないようになっています。

 

・スクートビズ(ビジネスクラス)の座席

nokscootscootbiz.jpg
スクートビズの座席は全て革張りでフットレストと肘掛け付き。
足元スペース96.5cm、幅55.1㎝、リクライニングは20.3㎝まで可能でゆったりとしており、電源も完備しています。

スクートビズではこの他に、飲物付き機内食、受託手荷物20kgまで無料、機内持込手荷物2個15kgまでなどのサービスが受けられます。

 

■座席指定料金

座席指定料金は、通常エリアのスタンダードシートが1,200円、スーパーシートが1,800円、ストレッチシートが3,100円。
サイレンスエリアのスタンダードシートが1,500円、スーパーシートが2,100円、ストレッチシートが3,700円です。

なお、座席指定をしない場合は料金はかかりません。

※2019年7月更新

<<スポンサーリンク>>




           

シェアボタン