2017年度LCC各社のゴールデンウィーク期間の利用実績





 PeachLogo.png
 Jetstar-Logo.jpg
 VanillaAirlogo.png
 shunzyulogo.jpg 

2017年5月8日、日本国内線を運航しているLCC各社がゴールデンウィーク期間(2017年4月28日~5月7日)の利用実績を発表しました。

・Peach

peach17gw.png

ピーチの利用率は国内線92.3%、国際線88.1%。

前年比で利用率はほぼ横ばい、提供座席数と総旅客数は国内線は減り、国際線は増えました。

国内線では九州方面と仙台線、国際線では韓国方面や上海線が特に好調だったようです。

・Jetstar

jetstargw.png

ジェットスター・ジャパンの利用率は国内線84.5%、国際線88.4%。

利用率は前年比で国内線は横ばい、国際線は上がりましたが、国際線は提供座席数と総旅客数が減りました。

・Vanilla Air

vanillaairgw.png

バニラエアの利用率は国内線85.3%、国際線86.2%。

利用率は前年比で下がっていますが、提供座席数と総旅客数はかなり増えています。


・春秋航空

spring17gw1.png spring17gw2_20170509105705680.png

春秋航空日本の利用率は国内線72.9%、国際線86.1%。

利用率はそれぞれ前年比で下がっていますが、提供座席数と旅客数は増えています。特に国際線はかなり増えていますね。

利用者数だけを見ると、国内線ではジェットスターがずば抜けて多いですね。
国際線ではジェットスターや春秋航空は別グループ会社での日本路線もあるので、単純には比べられないところです。

前年からの伸び率ではバニラエアが圧倒的です。

<<スポンサーリンク>>









シェアボタン