各LCCの遅延率・欠航率 2018年10月〜12月

国土交通省が、平成30年10~12月分の特定本邦航空運送事業者に関する航空輸送サービスに係る情報を公開しました。
その中から国内線の遅延率・欠航率です。

■遅延率

※APJ=ピーチ、JJP=ジェットスター、VNL=バニラエア、SJO=春秋航空日本、WAJ=エアアジア・ジャパン

各LCCの遅延率は、ピーチが14.64%、ジェットスターが16.72%、バニラエアが14.11%、春秋航空日本が10.08%、エアアジアが8.36%。

各社7月〜9月時よりも大幅に遅延が減りました。
それでもまだピーチ・ジェットスター・バニラエアは大手よりも遅延が多めですね。

 

■欠航率

※APJ=ピーチ、JJP=ジェットスター、VNL=バニラエア、SJO=春秋航空日本、WAJ=エアアジア・ジャパン

各LCCの欠航率は、ピーチが0.81%、ジェットスターが2.57%、バニラエアが0.99%、春秋航空日本が1.19%、エアアジアが0.36%。

欠航率も各社7月〜9月時よりも下がっています。
欠航率に関してはジェットスター以外は大手と同じかそれよりも低いですね。
ジェットスターは機材繰りと機材故障の影響で多くなっています。

遅延率・欠航率は各社就航している路線が違うので、参考程度に見るのが良いですね。
(夏期は沖縄方面で台風の影響を受けやすく、冬季は北国方面で雪の影響を受けやすい)

[via 国土交通省]

<<スポンサーリンク>>




           

シェアボタン